プロフィール

佐々木 英里奈

大阪府出身。

相愛中学校音楽科進学コースを経て、相愛高等学校ピアノ専攻を特別奨学生として卒業。

大阪音楽大学卒業。在学中、ピアノ専門特殊研究クラスに在籍。同大学卒業演奏会に出演。

第32回ピティナ・ピアノ・コンペティションD級西日本地区本選第1位全国決勝大会入選。

ヤマハヤングピアニストコンサートファイナル推薦演奏会いずみホールに出演。

第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。

第29回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション予選優秀賞本選入選。

第16回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-U ファイナリスト。

2017年、東京国際芸術協会海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディションにて助成金を受け、

ウィーン国立音楽大学マスタークラスを受講。ディプロマを取得。

第51回ミレニアム・スチューデント・コンサートに2台ピアノで出演。

これまでに、小林仁、K.ギェルジョード、G.ミショリ、松田康子、K.パガーノの各氏のレッスンを受講。

在学中から0歳から入場できる親子コンサートや、室内楽でのコンサート、ピアノジョイントリサイタルなどにも出演。

卒業後は、演奏活動を行う傍ら、伴奏ピアニストとしても活動している。

ブライダルオルガン奏者。全て主催者様のご要望に沿って楽曲をプログラムし、演奏するミュージックセレブレーションの奏者も担当。

また指導者として後進の指導にも携わっている。中学校教諭1種免許(音楽)・高等学校教諭1種免許(音楽)取得。

また、クラシックのみならずミュージック音楽やポピュラーソング、コード譜、伴奏のアレンジなどにも力を入れている。